sa118

BACK

ナーガ(寺院建築装飾)  sa118

タイ 18世紀〜19世紀
材質 木(チーク) 高:85cm・83cm(展示台含 高:100cm・98cm)
展示台 前幅:14cm 横:25.5cm  

タイの寺院建築で、印象的な寺院屋根の端に装飾される、一対の
ナーガ寺院装飾彫刻です。

ナーガは、インド神話を起源とする蛇神であり、東南アジアでは広く
崇拝され、寺院や船の船首など様々な場所で守護神として装飾さ
れます。

チーク材は収縮率が少なく、病害虫や水にも強く、船舶や寺院建築な
どに使用され、彫刻にも向く事から木造寺院装飾としての美しい作品
を数多く遺しています。

力強く品格があり、熟練した工匠の手によるもので、木造装飾として
優れた彫刻作品です。僅かに、色の違いが見られる1つのナーガの
下顎部分に欠損を補修した部分があります。