This is The Khmer Art 25

BACK

飾り金具
クメール アンコール・ワット様式 12世紀
材質 青銅  高
32.5cm

青銅鋳造の技術の粋を集めたこの見事な作品は、クメールにおける王朝美術
の装飾的な飾り金具の一つの頂点である秀作です。

この様な飾り金具は、アンコール・ワットの浮き彫り(回廊レリーフ)などでも
見られ、戦闘用の馬車や王族などを乗せる輿などの柄の先端に取り付けられ
ていました。

上端の装飾部分(裏面)ではカーラ(誉れある顔)の頭上に、唐草と踊る神々を
透かし彫りで表現し、文様を配した圏帯の周縁では火炎を思わせる鋭く繊細な
波状刳形で荘厳されています。

表面は中央のシンハ(獅子)を中心に、渦巻く唐草の中に下段ではハヌマーン
(猿神)、上段では神々を透かし彫りで表現し、縁飾りを別鋳のプレートを三段
に重ね、鋲止めし連結させ立体的な表現としています。



※ 各画像をクリックしていただくと拡大画像がご覧いただけます。