ks 95

BACK

ナイフ(ハヌマーン) kb 95

クメール アンコール期 12世紀~13世紀
材質 青銅・鉄 全長:24.5cm 青銅部分 長:7cm


青銅の猿紳ハヌマーンをナイフの柄とした、アンコール期のナイフです。

ハヌマーンは、風神ヴァーユの子で、叙事詩『ラーマーヤナ』では、
ラーマ王子(ヴィシュヌの化身)を猿軍を率いて助ける、最も勇敢な将
です。伝説ではヴィシュヌによって永遠の命を授かったとされます。


その忠誠と勇敢さから軍隊のシンボルとされ、アンコール・ワット遺跡
の浮彫彫刻では、青銅のハヌマーン神像を旗印として柄の先に付け
て行進するクメール軍隊や、戦闘場面のなかで柄の先に取り付けられ
たハヌマーン像を見ることが出ます。 

青銅作品では、そのハヌマーンが出土して知られていますが、ハヌマ
ーン像は僅かな遺品の数で珍しいものですが、何故かナイフには比
較的多く表現されています。


在日本国カンボジア王国大使館後援「アンコール王朝展」2005年
出品展示作品
展示品ガイド所載

展示品ガイド 掲載部分抜粋画像