kb153
BACK

金剛鈴

クメール アンコール期 12世紀~13世紀
材質:青銅 高:19.5cm 径:11cm

アンコール・ワットからバイヨン期の、金剛鈴で左右の鈷は向かい合
うナーガ、中央の鈷には男神と女神が表現されています。

また、基部にガネーシャ坐像が表現されているので、判然としません
が父と母であるシヴァと神妃ウマーを表しているのかも知れません。


鈴は、珍しく舌まで残りますが、ブロンズ内部まで腐食しているよう
で良い音は響きませんが、このタイプの鈴では珍しく欠損の無い作
品です。



在日本国カンボジア王国大使館後援「アンコール王朝展」2005年
出品作品
展示品ガイド所載(来歴資料としてお付けいたします。)