Home
Gallery

ハヌマンアート鎌倉山 店舗概要
About Us Hanuman art Kamakurayama Co.,Ltd.  


ハヌマンアート鎌倉山は2002年に創立され、クメール美術を中心とした東南アジア美術を初め、インド美術
とガンダーラ美術を含む周辺地域の古美術品を専門に扱っています。

これまで古代オリエント博物館、横浜ユーラシア文化館、その他、博物館、美術館などの展覧会に作品の
出品、及び学術研究機関への資料提供など、ご協力させていただいております。
また、ギャラリーからはカンボジア国立博物館(プノンペン)、フランス国立ギメ東洋美術館への収蔵、及び
国内美術館、国内外収集家のプライベートコレクションなどにも納めさせて頂いております。

弊店で扱うクメール美術は「東南アジアにおけるギリシャ美術」とも言われ、カンボジアのクメール族による
人類の歴史の中で、ひときわ光り輝く栄光のアンコール王朝時代を中心とする美術で、6世紀頃より1,000年
に及ぶ、歴代の王と人々の仏教とヒンドゥー教の仏や神々への信仰の証として具現された芸術作品です。

クメール美術の傑作としてユネスコの世界遺産に登録されているアンコール・ワット、アンコール遺跡群は
年間200万人以上の観光客が訪れ、世界の人気観光地 順位では毎年1~3位に選ばれています。

その他、東南アジアではタイを中心にビルマ(ミャンマー)など周辺国の美術を紀元前に遡る考古美術から
19世紀頃までの古美術品を扱っており、取り扱い作品はすべて真正を保証しております。

Ceremony at the National Museum in Phnom Penh presided over by Culture Minister Phoeung Sakona.
Signing ceremony for the return of Cambodian  artefacts donation by Masatomo Hoshino
and National Museum Directer Kong Vireak. 

カンボジア国立博物館(プノンペン)正面玄関ホールにて、文化芸術大臣主催による寄贈調印式典