Home
Gallery

ハヌマンアート鎌倉山 店舗情報
About Us Hanuman art Kamakurayama Co.,Ltd.  


ハヌマンアート鎌倉山は2002年に創立され、クメール美術を中心とした東南アジア美術をはじめ、インド美術
とガンダーラ美術を含む周辺地域の古美術品を専門に扱っています。

これまで古代オリエント博物館、横浜ユーラシア文化館、その他、博物館、美術館などの展覧会に出品協力
資料提供させていただいております。

またギャラリーからはカンボジア国立博物館(プノンペン)、フランス国立ギメ東洋美術館への収蔵及び国内
個人収集家、海外著名コレクターのプライベートコレクションなどにも納めさせて頂いております。

弊店で中心に扱うクメール美術は現在のカンボジアの地を中心としたクメール族による、6世紀頃より約1,000年
に及ぶ繁栄と栄華を誇ったクメール文明の歴代の王によって、仏教とヒンドゥー教の神々や諸仏を祀る寺院
が建造され、それらの石造寺院などには荘厳な彫刻が施されアンコール・ワット寺院、アンコール・トム(バイ
ヨン寺院)などの世界遺産、アンコール遺跡群を中心に素晴らしい数々の遺跡を遺しました。

石造寺院を荘厳する彫刻や遺された石像、青銅作品や黄金装飾品は、独自の洗練された造形美術として
世界的に高い評価を得ています。
インドシナ半島にインド文化が伝わったのは紀元前後とされ、インド文明が創り出した仏教とヒンドゥー教とい
う二つの宗教に関連したインド文化が土着文化や信仰と融合し独自の新たなクメール文化が醸成され展開
されました。

アンコールワット寺院は世界最大の石造寺院遺跡として高く評価され、人類の遺した偉大な文化遺産として
エジプト文明のピラミッド群やペルーの空中都市、マチュピチュ遺跡などと並び称されています。

なかでもアンコール遺跡群は、年間200万人以上の観光客が訪れ世界の人気観光地 №1 に選ばれ、また1,000
を超す世界遺産のなかでも「本当に行ってよかった世界遺産」では、アメリカの自然遺産グランド・キャニオン
国立公園に次ぐ、ベスト№2 (文化遺産では、№1)に選ばれるなど非常に高い人気を誇っています。

また、東南アジア美術では、タイ国の美術を中心にビルマ(ミャンマー)など周辺国の美術を紀元前に遡る
考古美術品から19世紀頃までの古美術品を扱っており、取り扱い作品はすべて真正を保証しております。

カンボジア国立博物館(プノンペン)寄贈調印式典

Ceremony at the National Museum in Phnom Penh presided over by Culture Minister Phoeung Sakona.
Signing ceremony for the return of Cambodian  artefacts donation by Masatomo Hoshino
and National Museum Directer Kong Vireak.