icc02
BACK

打刻印貨幣(マガタ国)

インド マガタ 紀元前5~4世紀
材質:銀 径:2.7cm  重:3.44g

仏陀(釈迦)が生誕し活躍したのは今から、おおよそ2500年前
の紀元前5世紀頃と言れています。

仏陀が生誕した前後の古代インドの打刻印貨幣です。

インドの貨幣の始りもこの頃と考えられています、多くが銀の板
に複数の刻印を打ち、打刻印貨幣(パンチマークコイン)と呼ば
れています。

マガタ国は釈迦の時代に存在した、仏教経典にも記載された
十六大国の一つで、マガタ国に興ったマウリヤ朝のもとでイン
ド初の統一国家を築きます。